ブログとソーシャルメディアだけで勝負するのはもうきつい。誰にも負けない専門性を持つことが大切。

タイトルのままですが、ブログだけではもうきつい。ブログは人気のコンテンツをうまい言葉選びで飾っていく作業がとても大変です。

ソーシャルメディアは芸能人がいよいよ本気で進出しているので、やっぱり一般人は相当の努力をしないとなかなかしんどいものがある。そもそも今から入っても参入障壁がありすぎて、正攻法では人気が出ない。

専門家になる

芸能人を見てもわかるように、何かの専門家になると、その専門知識が必要になる場面で活躍しますよね。専門家は司会者にはなれませんが、持続的に仕事をもらえるわけです。

ということでこれからうまいことやっていこうとする方は専門家になるといいんじゃないでしょうか?

絵でも、イラストでも、音楽でも、なんでもいいと思いますが、やっぱり競争が多いもの、すでに先行者が利益をゲットしているところはムリなので、できるだけマニアックなところがいいですね。

私がどうにか生きていけるのも「数学」と「Python」があるからです。こんなふうに勉強すれば数学ができるようになると、みたいな本を書いてAmazonに出しましたが、それだけで一ヶ月に高級ステーキが食べられるくらいのお金になる。

どんな専門知識を身につけるか

一番いいのは医学ですね。医療知識は最強です。医者、看護師、薬剤師の方は最強だと思います。ただ、最近はGoogleが医療知識の開示に厳しいのは念頭に置かないといけない。

次に強い専門知識はやっぱり法律ですよ。Googleが医療に厳しくなったので、法律は相対的に有力になったと思います。借金返済、過払い金請求などさまざまな法律問題をズバッと解決できるのは弁護士。弁護士がソーシャルメディアに進出したら、相当すごいところまでいくと思います。

じゃあ医学や法律に詳しくない普通の人はインフルエンサーになれないのかというと、そうでもないと思う。

ソーシャルメディアで人気になりやすいコンテンツで、しかも長期的な資産になるものといえば絵とか芸術作品ですよ。私はなんとなく、絵が描ける人はどこに行ってもインフルエンサーになっていく可能性が高いと思います。ツイッターは見ていてそう。絵が描ける人はたちまち人気になる。

© 2015-2018 坂本真一郎

教育

趣味

アプリ